白内障・緑内障の症状と治療

 
スポンサードリンク

白内障・緑内障の症状と治療

近年、日本では高齢化が進むとともに、眼科に通う高齢者の人も増えています。

 

加齢とともに白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症など老化や長年の生活習慣病に伴い目の病気になる人がますます増加しています。

 

白内障は?

白内障は年をとると誰でもかかる目の成人病。
レンズの役割を果たしている水晶体が濁り、見えにくくなるのです。
水晶体は、カメラのレンズのようなもので外からの光を集めてピントを合わせる働きがあります。
通常は透明ですが、白内障になると白く濁ってしまい集めた光がうまく眼底に届かなくなってしまいます。

 

白内障は早い人で40歳台から、遅い人では100歳ぐらいの人でも手術を受けています。
現在は手術が進歩し、また眼内レンズもいいものができていますので、
高齢者の人も安心して手術を受けることができます。

 

白内障の主な症状
  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違う

 

 

緑内障は?

目の視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病気です。
眼圧の高い緑内障に加え、眼圧の正常な正常眼圧緑内障の人も増えています。

 

少しずつ見える範囲が狭くなっていき、その進行は非常にゆっくりで両方の目の症状が同時に進行することは稀なので、
病気が進行するまで自覚症状はほとんどありません。

 

緑内障は病気が進行してしまうと、視野に変化が生じ、元に戻すことができませんので早期発見、早期治療が非常に大切です。
治療が遅れると失明に至ることもあります。

 

緑内障の主な症状
  • 目の疲れ、かすみ
  • 電灯を見るとその周囲に虹がかかって見える
  • 突然の眼痛、充血、かすみ、ひどい頭痛、吐き気、おう吐

 

 

白内障・緑内障の心構え

「白内障手術は簡単」と簡単に考えすぎると取り返しのつかないことにもなりかねません。
また緑内障は気づかないうちに症状が進行してしまっていることがあります。
白内障や緑内障の基礎知識や治療の詳細を知っておくことが大切です。

 

当サイトでは、白内障・緑内障の原因、症状や治療などについて紹介しています。
病気で悩んでいる人に少しでもお役に立てれば、幸いです。

 

 

白内障の簡単チェック

最近、視力が落ちたなと感じることはありませんか。
特に40代後半から50代前半にかけて、そう感じる人が多いはずです。
でも大半の人は「老眼」と思ってしまい、病院に行って検査をしてもらおうと思う人は、
少ないのではないでしょうか。
私たちは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感を通して、生活に必要な情報を得ています。
特に目からは、全情報量のの90%以上が入ってくるといわれ、
私たちにとって目が非常に重要なことが分かります。

 

自己チェック

まず片方の目を手で隠し、もう一方の目で周りにあるもの、
カレンダーでも時計でもいいので、それをじっと見てください。
見えにくくありませんか。反対の目もチェックしましょう。
このテストのポイントは「片目ずつチェックする」という点にあるのです。
普段の生活の中で、片目だけでものを見る機会はあまりなく、
両目だとよく見えるほうの目がカバーしてしまい、なかなか異常には気づきにくいものです。
この片目チェックを1週間に1回ぐらい定期的に続けていると、
目の異常早期発見に役だちます。

 

他に

  • 目がかすむ?
  • 光がまぶしい?
  • 光が強い場所では見えにくく、薄暗い場所では見えやすい?
  • 物が二重、三重に見える?
  • 目にけがをしている?
  • アトピー性皮膚炎にかかっている?
  • 糖尿病がある?
  • ステロイド薬を使用している?

などがあれば注意が必要です。

 

40歳を過ぎたら、年に1回は眼科検診を受けるようにしましょう!