種類別白内障の原因と症状

 
スポンサードリンク

ステロイド白内障の原因と症状

ステロイド剤は抗炎症薬としてアレルギーなどに幅広く使われている薬で、
眼科でも点眼、内服ともによく使われます。
リウマチなどで長年ステロイド剤を使用した人の白内障を調べてみると、
老人性白内障とは明らかにタイプが異なるために、
ステロイド白内障という分類がなされています。

 

ステロイド白内障の症状

ステロイド白内障の特徴としては、水晶体の後嚢下混濁が多いこと。
老人性白内障の場合は、ほとんどが水晶体の皮質周辺から濁りはじめ、
後嚢下は最後に濁ってきます。

 

症状の特徴としては、ステロイド白内障の場合、水晶体後嚢混濁が多いため、
まぶしく感じることが多く、また近くを見る時や明るいところでの視力低下があらわれます。

 

 

ステロイド白内障の原因

ステロイドを長期間、大量に使用すると白内障になるとされているのですが、
その理由については分かっていません。

 

リウマチなどで長年ステロイド剤を使用した人。
また、アトピー性皮膚炎でステロイド軟膏を使用する場合、
手足や体などに塗る場合はほとんど問題ありませんが、
眼の回りに軟膏を塗る場合は注意が必要です。
眼の周りの皮膚は、薄く、ステロイドの体内吸収率も高いため、
ステロイド軟膏が原因でステロイド白内障も起こることもあります。

 

臓器移植に伴い、術後1年以内にステロイド白内障を発症する場合もあります。
臓器移植後は、炎症や免疫抑制のために免疫抑制剤と併用してステロイドも使用するからです。



 

関連ページ

先天性白内障の原因と症状
先天性白内障は、生まれながらに水晶体に濁りがあり、新生児、乳幼児、学童期までに発症する白内障。先天性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
糖尿病性白内障の原因と症状
糖尿病の人は白内障になりやすくなります。糖尿病に併発する目の病気では、白内障より糖尿病網膜症が重大です。糖尿病性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
アトピー性白内障の原因と症状
アトピー性白内障は20代に多く、顔面に強い症状がある人に白内障が発症しやすいとされています。アトピー性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
外傷性白内障の原因と症状
鉄片が目に入ったり、刃物で水晶体を傷つけたりした起こる白内障。外傷性白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
放射線白内障の原因と症状
原爆の被害者や放射線を浴びた人に白内障が多いことが知られています。放射線白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
紫外線白内障の原因と症状
紫外線は、水晶体が白く濁し、視力を低下させる白内障の障害を引き起こす可能性があります。紫外線白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
皮質白内障の原因と症状
白内障は水晶体の濁る部分によって3つのタイプに分けられます。皮質が濁るタイプを皮質白内障と言います。皮質白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
後嚢下白内障の原因と症状
白内障は水晶体の濁る部分によって3つのタイプに分けられます。水晶体の後ろ側の皮質が濁るタイプを後嚢下白内障と言います。後嚢下白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
核白内障の原因と症状
白内障は水晶体の濁る部分によって3つのタイプに分けられます。核が濁るタイプを核白内障と言います。核白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。
後発白内障の原因と治療
手術時に残した後嚢にそって水晶体細胞が再生し、それが再び濁る症状を後発白内障と言います。後発白内障の原因、症状、治療について分かりやすく解説しています。